Spice up my life in Ireland ♡

2017年2月からアイルランドでワーキングホリデー!31歳ギリホリ!!

アイルランドワーホリの申請について

2017年第1回申請受付期間がもうすぐ始まりますね

 

これから申請する人たちのために

ポイントを書いていこうと思います

 

まずは在日アイルランド大使館のHPをチェックしましょう

 

すべてそこに書いてあります

 

以上笑

 

てのは嘘でざっと説明しますね

 

①申請受付期間中(1/20〜2/8)に

ホームページからダウンロードした申請書に必要事項を記入して

アイルランド大使館にメールで送る

 

→申請書は英語で書かなきゃいけないけど、

ページの下に和訳があるので心配いりません

 

申請書の記入欄16のワーキングホリデー滞在計画ですが

何をするためにこれをするとか

具体的に書いた方がいいかと思います

 

英文が不安だったので

日本在住アメリカ人の友達と

海外駐在日本人の2人にチェックしてもらいました

 

人の目が入るだけで安心です

 

 

②2月中旬、申請受理のメールが来たら

必要書類をすべてゆうパックで送る

 

1.申請許可の E-mail を出力したもの

 

2.申請書と写真 2 枚 (6 ヶ月以内に撮影したもの)

→1 枚は申請書に貼付し

もう1 枚はそのまま入れる

 

3.パスポート(原本)

アイルランドを出国する時点で、滞在期間➕6ヶ月有効期間が必要

 

4.パスポートの顔写真のページと

スタンプが押印されているすべてのページのコピー

 

5.履歴書(英文) A4 サイズ1枚程度

→フォーマットは自由

ネットで調べればすぐヒットします

 

6.卒業証明書or在籍証明書(英文原本)

→卒業証明書を学校に申請しに行き、

約一週間で家に届きました

500円位だった様な

 

7.残高証明書(英文原本)

→50 万円以上の残高が必要

ユーロ建てで

 

8.医療保険証券又は付保証明(英文原本と A4 コピー1枚)

→ジェイアイの16.7万位のにしました

ほんとピンキリです

もしも死んだ時に親に迷惑かけない金額がおりることと

個人賠償責任が最低限

医療費が無制限のやつにしました

歯科保険は付けてません

日本ですべて治してから出発します

➕音波ブラシ買いました

 

9.航空券(原本と A4 コピー1枚)E-チケット、予約確認書可

→Eチケット2枚プリントアウトしました

 

10補足申請フォーム、申請料振込控え

→申請許可のメールに添付されてくるものに

必要事項記入の上プリントアウト

申請料振り込み控えっていうのは今までなかったかも?

 

11返信用レターパック 510

→宛先に自分の名前と住所を書いておくこと

 

以上すべてをレターパックにINして送る

 

 

これでビザゲット!!!

 

定員割れが普通だったアイルランド

前回はオーバーしていたみたいなので

気は抜けません

誤字脱字など無いよう、注意してくださいね

 

私は30歳ラストチャンスだったので

慎重にやりましたよ

 

 

それでは