Spice up my life in Ireland ♡

2017年2月からアイルランドでワーキングホリデー!31歳ギリホリ!!

ベルギー旅行 オステンデ

三日目

 

前日から夕方まで飲んでいたので

もちろん観光していませんw

 

四日目

 

ブルージュで一緒に飲んでた人たちが住んでいる

オステンデというブルージュから近い港町にいました

 

せっかくなのでここでも町を散策♪

やっぱり海大好き♪

天気もいいし最高でした♪

f:id:spice___up:20170424233307j:image

 謎のオブジェ笑

 

小さい教会とかもちょくちょくあって

写真を撮っていると

おばさんが話しかけてきて

「教会を撮るのが好きなの?

あっちにもあるわよ♪」と教えてくれたり

みんな優しかったです♪

f:id:spice___up:20170424233308j:image

 

 

そしてこの日は友達と会うことにしていたので

夕方またブリュッセルに戻りました♪

 

続く

ベルギー旅行 ブルージュ

2日目はブルージュ

 

駅から10~15分歩いてホステルに到着

チェックインして地図もらって

ホステルのBarのハッピーアワー情報を聞いてお部屋へ。

 

するといきなりドアノブが壊れるww

観光する準備を整えてから

スタッフに伝えると

「直しておくから~」って

軽い感じで修理をしてくれました。

 

まず向かったのは

ブルク広場
Burg Square
ここもまた素敵です♡
f:id:spice___up:20170424232117j:image
 
ここに着いたのは2~3時で
前日の夜はポテチだけだし
朝も食べてなかったので
とりあえず腹ごしらえ♪
ブルク広場の無駄に高いオープンテラスで
オムレツとビールを♪
 
ここでもまた一番強いビールを頼みました
普通のグラスじゃなくて陶器のグラスだし
結構大きな器だったので
何人かにびっくりされて話かけられましたw
 
特に後ろの席にいた
スペインから来ている老夫婦とたくさんおしゃべりをして
楽しい時間を過ごせました♪
その老夫婦と記念撮影をしていると
隣の席にいた人たちも
写真を撮ろうと言ってきたので
なぜか彼らとも記念撮影w
 
みんなハッピーでした♪
 
そこから
Belfort 鐘楼へ
ここでもレストランでゆっくりしすぎて
入場できる時間に間に合いませんでしたww
日が長いからついついまだお昼だと錯覚しちゃうんですよね。。。
 
この鐘楼に上るとからはブルージュ全体が見渡せるそうです。。。
 
ここもまた諦めてまた街を散策♪
ボートにのって遊覧しようかなーと思ったけど
もう日も傾いていたので
明日に回すことに🎵
f:id:spice___up:20170424232347j:image
 
そこからまたさらに散策♪
ふらふら歩いていると
鴨の親子を発見w
ついて行くと
De Vos Almshouse (Godshuis de Vos)  にたどり着きました
鴨の親子、めっちゃ可愛かったです♡
f:id:spice___up:20170424232213j:image
 
それからスーパーを発見したので
部屋で一人で飲むために
ビールとオープナーとポテチを購入w
 
しかしホテルに着くころには
ハッピーアワーの時間だったので
ホステルのBARで1杯。
今回のベルギー旅行が海外初めてのホステル(ドミ)利用だったので
友達作れたらいいなーと思っていたんだけど
結局一人も友達できず。。。
 
 
つまらなかったので
夜景を撮りにまた散策に出かけました。
 
夜のブルージュの夜も素敵です
 f:id:spice___up:20170424232443j:image
 
途中で入口の狭いかわいいBARを発見。
明日も朝早くから観光したいし
飲みに行くつもりはなかったんだけど
気づいたら入ってましたw
 
後から来た地元の2人組と仲良くなり
そしてまた朝まで
いや、夕方まで飲んでしまいましたw
 
そして次の日ブルージュ観光もできず
アントワープにも行けず。。。
 
次の日までも予定が狂いましたw
 
続く。
 

外国人登録 GNIB

ちょっと前ですがダブリンで外国人登録してきました

 

初めてダブリン入国の際

イミグレでもらった外国人登録に関する紙に従ってオンライン予約。

 

必要書類を準備

 

予約時間の10分前くらいにGNIBに向かう

 

受付でパスポートとオンライン予約のプリントアウトした紙を見せる

 

番号札をもらう

 

ひたすら待つ

 

呼ばれてカウンターへ

パスポートとワーホリビザを見せる

どこに住んでるとか結婚してるかとか

仕事は何をするんだとか

なんかか質問される

 

写真を撮る

 

指紋を採る

 

また待つ。

 

カードを受け取る。

 

到着から2時間くらいで完了しました。

 

 

ワーホリの人は

・ワーホリビザ

・パスポート

があれば良いです。

 

オンライン予約画面のコピーが必要だ!

と受付のおばさんに言われましたが

持ってなかったので駄目元で順番待ちして

臨みましたがなんなくOKでした

 

あと私の指紋が薄すぎて再度別室でとりなおしました。

 

無事に終わってよかった♪

 

ベルギー旅行 ブリュッセル

いきなり話が飛びますが

旅行のお話を。

 

日本の友達がベルギーに来るということで

会いに行って来ました(^^)

 

ちなみに一人旅です

 

友達からの情報を聞いて二日後に

チケットを買って

その二日後にもう飛んでいました

 

そんな感じだったので全く前情報がない状態で行ったけど

結果、

すっごーーーーーーーーーーーーーーく楽しかったです

 

5泊6日

 

1日目 ブリュッセル
2日目 ブルージュ
3日目 アントワープからの夜はリエージュ
4日目 ブリュッセルに戻って友達に会う
5日目 友達と一緒に過ごす
6日目 帰国

 

こんな予定でしたが

アントワープリエージュには行かず(行けず)

オステンデという港町に一泊しました(^^)

 

1日目

ブリュッセルに到着後 

ホステルに荷物を置いていざ観光開始!

 

初めに向かったのは

 

サン・ミッシェル大聖堂

(Cathedral of St. Michael and St. Gudula)

f:id:spice___up:20170424230819j:image

 

大きく美しい建物に圧倒されました!!

中も荘厳に包まれていました

 

ちょっと歩いてGland Place 近くのオープンカフェ

念願かなってベルギービールムール貝を堪能!

昼間に外で飲むビールってなんでこんなにおいしいんだろう!

 

店を出て歩いていると

チョコレートショップを発見

4粒くらい買って食べ歩き♪

そこが有名なお店かどうか知らないけど

おいしかったです♪

 

 

それからようやく

Gland Placeに到着

行く価値ありの観光地です!

f:id:spice___up:20170410093559j:image

 

そこから

セルクラースの像

Everard 't Serclaes

の腕をなでなでしに行きました

幸せになれるんだとか。。。

本気で祈りましたw

 

それから周辺をぶらぶらお散歩して

美術館に入ろうとするも

タイムオーバー。

オープンテラスでゆっくりしすぎました

 

美術館は諦めてビールの聖地 

デリリウム

Delirium

f:id:spice___up:20170424231007j:image

 

ここのビールの数尋常じゃありません!!!

数が多すぎて何を頼もうか迷っちゃうけど

スタッフに好みを伝えるとテイスティングさせてもらえます♪
私は3種類試飲して決めました

アルコール度数高めのIPAで!

スタッフに強いから気を付けてね

と念を押されましたw

美味でした♡

 

それからまたほろ酔いで周辺散策。

いったんホステルに帰ってケータイ充電

 

※ちなみに私は常にインターネットがないと生きていけない人なので

現地のSIMカード(BASE)を購入しました

30日のプランで25ユーロ?だったかな?

6日だけの旅だけど気にせず買いました。

 

ホステルで同じ部屋の韓国人とちょっとおしゃべり。

彼女も次の日ブルージュにいく予定だったらしく

話の流れで一緒に行くことに。

私は一人で気ままに旅したかったけど

旅は道連れって言うし。

取り合えず流れに身を任せてみましたw

 

そのあと私はブリュッセルで1番Coolなナイトクラブ

FUSEに行きました

韓国人女性はかなり私を心配していましたが

怖いもの知らずの私は30分くらい

夜の街をひとり散策しながら向かいました。

 

到着したのは12時ちょっと前。

11時半??忘れました

エントランス8ユーロ。

当日は世界的に有名なDJのバースデイパーティ!

さぞかし盛り上がってるだろうなー♪

って思って行ったのに閑散としててびっくりしました

f:id:spice___up:20170424234437j:image

来て間もなく、間違えたかな?と思って

帰ろうとしたけどせっかく来たので1杯飲むことに。

それからもう1杯。。。

 

するとすこーしずつ客が増え始め

徐々に盛り上がってきました

 

カウンターで一人ビールを飲んでいるアジア人が珍しかったのか

1人の男の人が話しかけてきて

仲良くなりました

 

1時半からメインDJのプレイが始まり

ようやくいい感じに♪

そのまま朝6時まで彼らと踊りました

 

帰りはさすがに疲れてタクシーでホステルへ。

 

眠りについて起きると11時半

さすがに韓国人女性はもういませんでしたw

そりゃそうよね。。。

 

本当はこの日も朝から観光したかったけど

諦めてブルージュに向かいました

 

ブルージュ行きの駅のホームに着いたとたん

乗りたかった電車のドアが閉まって

しばし電車を待つ羽目に。

 

そこでまた新たな出会いが。

 

私と同じく電車に乗れなかった女の子3人組が

「次の電車はいつ来るか知ってる?」と話しかけてきて

「次の電車はすぐ来るけど、直通の電車はもっと遅いよ」

と教えてあげると

「あなたについて行ってもいい?」と言ってきたので承諾。

旅は道連れって言うしね!

しかし次の電車がやってきたとき

1人の女の子が行方不明。。。。

次の電車の時間を教えて

彼女達を置いていきましたwww

 

ただでさえ起きるの遅かったのに

時間を無駄にしたくないのよw

ごめんね。。。

 

続く。

 

ダブリンでの部屋探し

皆様ご存知でしょうが

ダブリンでの部屋探し

本当に苦労しました

 

結論から言うと

部屋探しに費やした期間2.5週間

送ったメッセージの数約45

返信率50%

ビューイングの数7件

 

部屋探しに使ったサイト

Daft.ie 

Rent.ie

Mix b

Facebook のRentに関するコミュニティー

以上です。

 

あとはブラジル人コミュニティーも強い味方。らしいです。

 

ぜひ友達に話しかけてみてください

いいアドバイスもらえますよ♪

 

ホストファミリーをでなければ行けない

2日前まで家が決まらなかったので

延長したくないけどホストファミリーと学校に

このまま部屋が見つからなかったら

1〜2週間延長してもいいか確認だけ取っていました

 

しかし部屋探しに疲れ切った私は

妥協の末、今の部屋に決めました。

 

 

ダブリン1

スーパー激近

家賃高め

シェアルーム with 1 人

ハウスメイトは私以外ラテン語しゃべる

私とは英語

1人の女の子はヒステリー

1人の男の子はたまに臭い

1人の女の子はいい子

 

ああ。部屋探ししたくないけど

したい。。。

 

そんな心境です。

 

返信率を高めるコツは

出来るだけ自己紹介文をきちんと

書く事でしょうか。

タバコ吸うとか、パーティ好きとか

ソーシャブルですとか、料理好きとか

きれい好きですとか。。。もろもろ

興味を持ってもらうことが大事らしいです。

 

私含め、これから部屋探しをする方

頑張りましょー!!!

 

はじめてのホームステイ

今日はホームステイについて

 

ダブリンにきて最初の印象は

古くて、可愛くて、コンパクトな町

って感じでした。

 

 

ホームステイ先はダブリンバスで働くパパと

専業主婦のママ

大学受験を控えた高校生がいるお宅。

あと、ラブラドールレトリバー1匹🐕

 

みんな明るくて優しいです。

 

夕食の後はソファーでゆっくりしなよーとか

映画見るから一緒にどう?とか

テレビでもみたら?とか気遣ってくれるし

雪の日はバス停まで車で送ってくれたりしました(^^)

 

心配していたアイリッシュアクセントは…

このお宅では感じられませんでした。

 

アイリッシュはボソボソ喋るとか早口とか言われてますけど

基本わかりやすく話してくれます

たまに早口でついていけませんでしたが。

 

シャワーの時間の制限も、入れる時間帯も決まってないので割と自由。

 

ごはんはポテトが主食。

 

たまにマッシュポテトとフライドポテト

ポテトパイとふかしたポテト

とか、1度に2種類のポテト料理がコラボする時があります

笑いそうになったけど

こらえました。

 

味は、、、、

あんまりおいしくないです

やっぱ日本食サイコー!!!!

 

そしてご飯の量が尋常じゃないので

私はいつも、「もっと減らして」と

お願いしてました。

 

朝ご飯はいつも

食パンとジャム、コーヒーor紅茶が用意されていました。

 

夜ごはんがいらないときは4時までに連絡するのがルール。

 

たまにみんなとごはんの具が違うことがあって

これは昨日のあまりなのか?とか

私だけ安物?とか考えてしまうこともありましたが

目を瞑りました。

 

語学学校まではバス通学で

トータル1時間くらいの距離

ダブリンバスはStudent Leap Cardを作って

Top upすればらくちんです

 

初めの2週間はスイス人の女の子も一緒にホームステイしていました

スイス人の訛りと日本人の訛りがかみ合わなくて

意思疎通がうまくいかないこともしばしばありました

彼女は見るからにまじめそうな子で

歩行者が信号無視をするのが当たり前なダブリンで

律儀に信号を待つ子でした

案の定仲良くはならなかったけど

いい子でした

 

今思い出せるのはそんなところです

これと言って楽しかった思い出は特にありませんw

 

正直この年になってホームステイきついです

自分のリズムで生きたい!

と後半嫌気がさすこともありましたが

まあ、これもいい経験になりました。

 

つまらない内容ですみません!!!

 

 

 

 

 

ダブリンに来て約1ヶ月

ホストファミリーを出る予定日の

ギリギリのところで部屋が見つかりました!

期間限定ですが!!!

ちなみにこのブログの成果はゼロです笑!

また2ヶ月後には部屋を移らなければいけないので

引き続き情報募集してます!!

 

 

 

今日はダブリンの好きなところと嫌いなところを書こうと思います

 

はじめに言っておきますが、好きなところの方が少ないです笑笑

 

ダブリンの好きなところ

 

①ビールがうまい!!!

私、ビールが大好きなんです。

そんな私にとってはビール天国です!

たいていのパブは10種類以上のサーバーが

ズラッと並んでいます

ホワイトビール、ブラックビール、スタウト、エール、ラガー、IPA などなど

気分でビールが選べて幸せです!

ギネスは気が抜けたホッピーの味に似てて

あまり好きじゃなかったんだけど

飲んでたらだんだん好きになって来ました!

オススメのビールに関しては

もっと極めてから書きたいと思います。

 

②建物が素敵!!!

ヨーロッパって感じです

イギリスと比べてジョージアンスタイルの建物が沢山残っているらしいです。

家とかパブとか古い建物がいちいちかわいいです♡

 

③自然が綺麗!!!

って言ってもまだHowth というダブリンからほど近い港町にしか行ったことがないのですが。。。

海の近くのハイキングコースは

緑と海と両方を堪能できてオススメです!

自然って心と体を

リフレッシュさせてくれますよね!

 

④治安は比較的良い

平和ボケした私でもスリにあったりしません。

かといって注意してないわけでもないですが。

タクシーもすぐ捕まるし

ぼったくりにあったこともありません。

こっちに来てから5回はタクシー乗ったかな。

amber使ったことありません。

 

 

あれ?好きなところこれで終わり?...

はい。いまのところ。

 

 

では、ダブリンの嫌いなところ

 

①雨が、雨が、雨が多い。

毎日雨具は必需品です。

傘よりレインウェアが役に立ちます

なぜなら、風が強いから。

ペニーズで買った折りたたみ傘は

買ったその日にパーツが取れて

交換してもらって

交換したやつもその日に骨が折れました。

今もそれを気にせず使っています。

 

②犬のフンが多い

罠が沢山です。

たまに馬のフンも落ちています。

足元は常に注意して歩きましょう

 

③部屋探しが大変!!!

日本みたいに代理店通して内見するのではなく

住人とダイレクトに連絡を取って交渉します

Daft.ie

Mix B

Facebook のグループRent a room Dublin などを使ってメッセージを送った件数約50件

返答があった件数25件

ビューイングできた件数7件

それでも住みたいと思える部屋に出会っていません。

はあ。

私の部屋はダブリンシティーセンターにあって

立地はとてもいいのですが

マンション2人部屋×2のシェアルーム

光熱費、インターネット別で

月€450です。

 

次はいい部屋に出会えるといいな。

 

④オシャレする気になれない

アイルランドに来てから服を買おうと思って

この冬はほとんど、いや、全く服を買わなかったのに

こっちに来てから全く服を買う気になりません。

オシャレする必要がないからかな。

すてきな服に出会ってないだけかな。

春服欲しいはずなんだけどな。

 

⑤ご飯が美味しくない

わたしのホストファミリーがハズレだっただけでしょうか。

ポテトざんまい、芋以外の野菜はほとんど無し

味があまりない。

やたら量が多い。。

外食はめったにしないけど

まだ美味しいものに出会っていません。

唯一、外で食べたフィッシュ&チップスが

やけに美味しく感じたくらいでしょうか。

 

いまのところこんな感じです。

 

ホストファミリーについても

また書こうともいます。

 

ではでは