Spice up my life in Ireland ♡

アイルランドでワーキングホリデー!ギリホリ!!

イタリア旅行 ナポリ編

もう半年以上前のことですが

イタリア旅行のことを。

 

私がイタリア旅行に行くことにしたのは

ブリュッセルで出会った彼に

一緒にローマに行こうと誘われたから。

4泊5日のローマ。

その期間でもう1都市くらい回りたかったけど

彼はゆっくり過ごしたかったみたいなので

しぶしぶ承諾。

そして欲張りな私は

 

ナポリローマフィレンツェヴェネツィア

を2週間かけて回ることにしました。

ローマ以外は一人で。

 

 

ナポリと言えば

ピッツァ

そしてもう一つが

治安が悪い事で有名。。。

 

私がナポリに行くことを学校の友達に話すと

彼らは口を揃えて

治安が悪いから気を付けて!!

一人で行くの?大丈夫?

アクセサリーとか腕時計はつけて歩いちゃだめだよ

お財布はブラジャーに入れてね

腹巻バック持ってる?

更には、女一人で行くなんて馬鹿じゃないの?

なんていわれましたwww

 

Webで『ナポリ 治安』で検索すると

結構悲しい体験談が出てくる出てくるw

 

しかし飛行機はもうチケット取っちゃったし

行くしかない。

 

少しビビった私はナポリはドミトリーでなく

個室のホステルをブックしました。

それでもナポリセントラル駅から徒歩3分くらいの立地で

1泊€28(朝食付き)くらいでした。

 

そしてナポリ空港に到着。

2週間滞在するので現地Wifiを空港で

買おうと思ってたのに空港にShopがない!

 

ネット環境がなくかなりストレスだったけど

とりあえずバスでホテルの近くに行けるっぽかったので

バス停を探し何とか到着。

そしてホテル近くのケータイショップに行くも

開いてない!!!

なんとその日は祭日。

祭日にお店閉めるなよ!!

って感じで出だしがあまりよくなかったけど

 

とりあえずテラスでビール飲んで落ち着きました。

 

(今はThreeっていうケータイ会社のSIMを使っているので

ユーロ圏何十か国かどこの国に行っても

5Gまでなんの設定も変えずに使えます。

しかも月€20。なんてありがたい♡)

 

そう、肝心の治安。

夜、町中を歩いたり

地下鉄乗ったりしたけど

なんてことなかった。

 

確かに細い路地の人気が少ないところで

スクーター二人乗りの若者とかいると

すこし危険な感じはしたけど

そこを避ければ治安の悪さはあまり感じませんでした。

 イタリア人は大げさ。

 

町の雰囲気はごちゃっとしていて

少し香港っぽいなって感じました。

f:id:spice___up:20171214090549j:plain

 

そして観光♪

私が回ったところのおすすめを紹介します。

 

 

Castel dell'Ovo

f:id:spice___up:20171214085434j:plain

f:id:spice___up:20171214085439j:plain

日本語で検索すると『卵城』

なんか変な感じ。

アート展Che dici Totò? 

開催されておりタダで見学できちゃいました

そしてその展示会のパーティなのか何なのか

ワインやエスプレッソ、ケーキ、ピザなど

無料で配布されていたので

遠慮なくたくさんいただきましたw

 

イタリア人の友達に

ナポリで絶対ピザ食べたほうがいい!』

って言われていたので

 

Castel dell'Ovoの近くの海沿いレストランで

ナポリのピッツァを食べながらワインを飲みました。

f:id:spice___up:20171214085530j:plain

なんとも優雅な時間。

おまけにデザートをタダでいただき

ラッキー♡

 

ピザとワインの写真をイタリア人の友達に送ったら

『俺は今嬉しくて泣いている』

って返信が来ましたwww

  

Santa Chiara

f:id:spice___up:20171214085545j:plain

個人的におすすめ。というか好き。

中庭がなんと美しいこと。

ここはごちゃごちゃしたところにあるので

迷いましたが、何回か人に聞いてたどりつけました。

 

 

Castel Nuovo

 

f:id:spice___up:20171214085559j:plain

f:id:spice___up:20171214085853j:plain

海沿いに面したお城で

ここも美術館になっています。

奥のスペースでは結婚パーティしてる方々もいました。

 

Castel Sant Elmo

 

f:id:spice___up:20171214085707j:plain

ここもおススメ!

丘の上にあるのでナポリを一望できますよ!!

たどり着くまでにロープウェイみたいなのに乗ったような

乗ってないような。記憶があいまいです。

 

そして帰りは近くの眺めの良いBarでワインを1杯。

サイコー。

 

Palazzo Reale di Napoli

f:id:spice___up:20171214085733j:plain

ナポリ王宮。

豪華な内装素敵でした。

わたしはエントランスの白を基調とした

内装が一番のお気に入り。

 

観光はそんなところでしょうか。

 

ダブリンの学校で出会った

ナポリに住んでる男の子にも会いましたよ。

 

ネット環境最悪な1日目に連絡を取っていたので

大変だったけど、何とか出会えて

夜景ドライブに連れて行ってもらいました♪

彼はたぶん私の10個下くらいの年齢www

ありがとー♡

家飲みに誘われたけどなんかめんどくさかったので

2時間しないうちにホステルに帰りました。

f:id:spice___up:20171214085800j:plain

 

すると、偶然出くわしたホステルのオーナーが

「ホテルのシャワーに問題があって

朝10時まで使えないよ」って話しかけてきて

その流れでワインあるから一緒にどう?と誘ってきました。

酒の誘いに弱い私。

「じゃあ1杯!」

一緒に飲む事に。

 

すると彼は徐々に戦闘態勢に。

出た!イタリア男の本性!

キスしていい?ハグならいいでしょ?攻撃から

イタリア人男性は世界で一番ロマンチックなんだよ

なんで僕を試さないの???

僕も一緒にローマ行っていい?車出すよ?

と質問攻撃。

 

すべてをかわし、無事ワインボトル1本空けて

自分の部屋に逃げ切ることができました。

 

今となっては面白い思い出。

 

物価はアイルランドに比べてめちゃめちゃ安かった

気がするけどもう覚えてない。。

カフェのワイン1杯€3-4だった気が。

駅近くの酒屋さんで買った

スパークリングワイン1本€3,5だったのは覚えている。。。

 

ナポリもう1泊できたら

近くの小さな島とか行きたかったなー

って感じです。

 

ではまた。 

 

ワーホリの終わり

ワーホリの終わりがだんだん見えて来た。

というか私の気分的にはもう終わっている。

ダブリンでやりたいことが1つもない。。。

(とはいえ、学生ビザに切り替えるかは最後までわからないし、まだ働いてるし帰りの飛行機もとってない)

 

 

クリスマスシーズンが来て

町も少し華やいだけど

私は東京のイルミネーションのほうが好きです

ダブリンたいしたことありません。

 

スーパーに買い出しに行くときに

たまたまヘンリーストリートの点灯式に

出くわしたんだけれども

そのパレードのショボさにびっくりしました。

 

 

とはいえ、

どこの店もクリスマス仕様で可愛いです。

 

 

マイナス要素を書いてしまって申し訳ないけど

これが本音。

 

次は気が向いたらおすすめパブとか

ヨーロッパ旅行の話でも

まとめようかな。

 

 

喉の痛みにHot Whiskey

ついに風邪をひいてしまいました。

ここにきて本格的なのは初めて。

 

風邪薬のLemsip maxを飲みつつも

f:id:spice___up:20171030212136j:image

なんとなく風邪の時はホットウイスキーって

聞いていたので、試して見ることに。

 

ウイスキー

●蜂蜜又は砂糖

●スライスレモン

●熱湯

 

全て適量入れて混ぜるだけ。

私の場合ウイスキー多め。

 

私は近くのマーケットでリンゴとイチゴをゲットしていたのでそれもぶち込んでみました。

 

f:id:spice___up:20171030211433j:image

 

だいたいフルーツ♡

 

フルーツが多いとお湯がぬるくなっちゃうので

レンジで再度温め直すと良いです。

 

美味しいし、喉にも優しいです。

飲んだら喉が楽になりました。

そして体が温まる。

 

皆さんも是非お試しあれ♪

 

 

ベルギーアナザーサイドストーリー。

ブリュッセルでの夜。

 

ダブリンに来て2ヶ月。
ダブリンの質の悪いクラブにしか行ったことがなくて
ひさびさに良い音楽聴きたいなぁと思い
ブリュッセルの一番クールであろう
あるクラブに行きました。

 

Main DJは東京のクラブにも何度か来てたので
名前は知って居ましたが
実際にプレイを観るのは初めて(^^)
わくわくしながら向かいました。

 

夜11時半ごろ到着♪
しかし、中に入ってみるとぜーんぜん人気がなくて
メインフロアには10人程。
一瞬帰ろうか本気で迷いましたが、
せっかくなので
カウンターで一杯飲むことに
そして二杯。。。


すると徐々に人が増えて来ていい感じに。

すると1人のベルギー人が話しかけて来て
メインDJは1:30からだよ
って教えてくれてその流れで
仲良くなり
朝まで一緒に踊りました。

 

彼も彼の友達もみーんな優しくて楽しいし
なによりDJプレイがかっこよかった!!!

 

朝6時くらいになって
さすがに眠いし疲れたので帰りたいと告げると


僕はもっと一緒に居たい。
だけど
このまま僕とここで踊るか
一緒に帰るか
1人で帰るか選んでいいよ。
って言ってきたので
一人で帰ることに笑。

 

だってブルージュ行きたいし!

 

そしてお別れ。

 

その日のお昼に彼から連絡が来て
またブリュッセルで会える時間があったら会いたいと。

 

最後の2日はブリュッセル近くの町で
友達のお家にお世話になる予定だったので
1人の時間はないし会えない。

そう思っていたけど
なんと、私の友達はひどい妊娠初期のつわりが始まって全く家からでれない状態に。。
2日目のお昼過ぎまでは友達とその旦那と過ごし、そのあとは夜ご飯の間までまた1人でフラフラすることになりました。

 

結局1時間も会う時間がなかったけれど
出会いを大切にしようと思い
彼に会ってみました。

 

駅近くの公園のベンチで話しながら
彼が持参したビールを飲む笑

 

その後芝生でゴロゴロ。

 

ほんの少しだったけど
穏やかでいい時間でした。

 

私の電車の時間が迫り
駅のホームで二度目のお別れ。

 

ブルージュの彼とこの人と
私は何をしてるんだろうか。
となんだかもやもやしつつ
翌朝ダブリンに帰りました。

 

つづく

 

ワーホリ半年経過

半年あっという間に過ぎてしまいました。

帰国へのカウントダウンの始まり。

 

ダブリンを選んで良かったのか

ここの土地が私に合っているのか

と聞かれたら答えはNO。

 

私がワーホリ行こうと思ったのは

いままでの生活と仕事にちょっと飽きたっていうのと

彼氏と別れてフリーダムになったっていうのと

もともと私は日々の生活に刺激を求めるタイプだった。

っていう理由もある。

 

だけどここには特別なことはあまりない。

 

 

だけどあと半年もここに居られないと思うと悲しい

まだ日本帰りたくない。

なぜなら

もっといろんな国を旅行して帰りたいから。

英語もあんまり上達していないから。

 

って考えると

学生ビザに切り替えてもっとここに留まるのが

私にとって一番良い選択なのかなあ。

って思ったりしている今日この頃です。

 

正直、ダブリンでしかできない経験ってしてない。

だけど私がワーホリで経験して良かったこともある。

 

それは、年齢・国籍・性別問わずいろんな人と知り合える。

それに伴いいろんな文化、思考を知ることができる。

その結果、未熟な自分に気づくことができる。

変えなきゃいけない自分、変えられない自分が

明確にわかってくる。

 

それだけでここに来て良かったかなあ。

 

家計簿つけてみました

アイルランドに来て早半年。
ようやく現実を見る。

 

8月。

f:id:spice___up:20170901011231j:image
家賃450ユーロ。
光熱費40ユーロ。
それ以外300ユーロで1ヶ月収まったことに
我ながらびっくりしています。

€1=¥130で換算すると
トータル10万ちょいな感じでしょうか。

Foodースーパーでの買い物
Daily goodsートイレットペーパーとか
Transportーバス、電車
Socializingー外食、飲み代、クラブ
Fashionーコスメ含む
Phoneーケータイ代

私の場合、飲み代がいちばんの割合を占めています。
ソーシャライジングの金額はもちろん
ほとんどお酒代ですが
Foodの3分の2くらいはお酒です。
お酒飲まなかったら全然お金かからないんじゃないか??


今はレストランでバイトしてるので
朝はパン食べて、夕方まかない食べて、
夜はビール飲んで。
休みの日は自炊して。
たまに女の子の特権で奢ってもらって。

ネイルは自分でやる。
服は最低限しか買わない。
コスメは安物。
自炊する。
髪は伸ばしっぱなし。


こんな生活ですが
別にストレスたまったりはしません。


自然と色んな欲が無くなっている気がする。
いいのか悪いのか。。。


この生活が日本でも出来たら相当貯金できそうだなぁ。。。


今までは旅行費も全く気にして無かったけど
これからは別途計算したいと思います。


ではまた。

男の方が失恋引きずる説

これは本当だと思う。

 

別れてから2年。

 

私が自分から連絡したのは

 

ゴルフクラブ家に郵送してね。

②パターだけ送られてきてないんだけど

車のトランクに残ってない?

 

荷物の催促だけ。

 

なのに

 

10回以上会いたいと思ったから連絡してみた。

とか

今、幸せなの?

とか

近所にできたご飯屋さんに連れて行きたい。

とか

会いたいなー。

とか

いい男できたの?

とか。。。

 

 

未だに連絡がくる。

 

 

いい加減忘れてくれればいいのに。

あなたに会う気はこれっぽっちもないのよ。

あなたとはもう終わったのよ。

 

 

ってストレートに言えばいいのかな。